【9月最新】iPhone13発売決定!何が進化した?価格・スペック等を比較してみた!

ガジェット

先日のAppleの開催したイベントでiPhone13シリーズが発表されましたね。
各キャリアが続々と価格を発表し、17日に予約が開始されました。
公式での発売日は24日となっております。

発表されると気になるのが、以下のポイント。

  • iPhone13シリーズの価格帯は?
  • iPhone 12と比較して何が変わった?進化した?
  • どのキャリアで購入できる?

新型iPhoneの購入を検討している方はこの辺りのポイント、とても気になりますよね。

情報も大方で揃いましたので、記事にしてみました。

この記事はこんな方におすすめ

✅新型iPhoneの購入を検討している
✅iPhone13をお得に購入したい
✅iPhone12から何が変わったのか知りたい

それではいってみましょう。

iPhone13シリーズ ラインアップは?

まずは今回発表されたiPhone13シリーズのラインアップから見てみましょう。

  • iPhone13 (128GB、256GB、512GB)
  • iPhone13mini (128GB、256GB、512GB)
  • iPhone13pro (128GB、256GB、512GB、1TB)
  • iPhone13pro Max (128GB、256GB、512GB、1TB)

現状販売予定のキャリアは以下の4社です。

  • au
  • ソフトバンク
  • ドコモ
  • 楽天モバイル

iPhone13シリーズの価格

各社が発表している価格をまとめました。

※全て税込価格 掲載日:2021年9月20日現時点での価格となります。

iPhone13 キャリア各社価格比較表


128GB256GB512GB
ソフトバンク11万1672円12万5136円16万4736円
ドコモ11万1672円12万5136円16万4736円
au11万5020円12万8970円15万6995円
楽天モバイル9万8800円11万800円13万4800円
Apple Store9万8800円11万800円13万4800円

iPhone13 mini キャリア各社価格比較表


128GB256GB512GB
ソフトバンク9万8208円12万384円15万1272円
ドコモ9万8208円12万384円15万1272円
au10万1070円11万5020円14万3040円
楽天モバイル8万6780円9万8800円12万2800円
Apple Store8万6780円9万8800円12万2800円

iPhone13 pro キャリア各社価格比較表


128GB256GB512GB1TB
ソフトバンク14万2560円16万5528円19万7028円22万6512円
au14万3040円15万6995円18万5015円21万2920円
ドコモ14万2560円16万5528円19万7208円22万6512円
楽天モバイル12万2800円13万4800円15万8800円18万2800円
Apple Store12万2800円13万4800円15万8800円18万2800円

iPhone13 pro Max キャリア各社価格比較表


128GB256GB512GB1TB
ソフトバンク16万5528円18万2160円21万3048円24万3144円
ドコモ16万5528円18万2160円21万3048円24万3144円
au15万6995円17万945円19万8965円22万6870円
楽天モバイル13万4800円14万6800円17万800円19万4800円
Apple Store13万4800円14万6800円17万800円19万4800円

価格まとめ① キャリアでの一括購入価格は楽天モバイルがお得

一括購入の価格については比較の結果、

キャリア最安値は楽天モバイル

という結果となりました。

他社3社はApple Store定価に金額が上乗せされている価格設定となっているのに対して、楽天モバイルはApple Storeと同価格での提供となっております。

もっとも価格の高いキャリアと比較すると同機種でも約5万近くも差額が発生する場合も…。

楽天モバイルは良心的な価格設定ですね。

価格まとめ② キャリア各社残価設定型のプログラムを提供も楽天モバイルに軍配

キャリア各社それぞれ残価設定型プログラムを提供しております。

また今回のiPhone13シリーズ発売に合わせ、au,ドコモの残価設定プログラムがリニューアルされております。

今回のリニューアルで回線契約がプログラム利用条件から外されました。

これで端末購入の際に発生していた「回線縛り」が全キャリア撤廃された形となります。

ただ、この残価設定型のプログラムは各社の一括販売価格を48回に分割して提供するものになりますので

一括価格が一番低い楽天モバイルがお得となります

上記に記載したように各社回線縛りがないので、例えば「回線はドコモ、端末は楽天モバイル」といった購入方法も可能という事です。

ただし、楽天モバイルは回線をセットにすると以下のお得な特典が付いてくるのでセットでの契約がおすすめです!

  • 初めての申し込みで5000円相当分の楽天ポイント進呈
  • 最大3ヶ月分の月額基本料が0円

iPhone13に買い替えの際に検討してみてはいかがでしょうか?

iPhone13 スペック何が進化した?iPhone12と比較

続いてはiPhone13のスペックについてです。

今回はiPhone12と比較して何が変わったのかをざっくりと解説していきたいと思います。

変更となった主な点は以下の内容です。

  1. カラーバリエーション
  2. カメラの性能アップ
  3. バッテリーの持ちがアップ
  4. ディスプレイの性能がアップ
  5. ストレージ容量がアップ

それではそれぞれのポイントを解説していきます。

iPhone12と比較① カラーバリエーション

iPhone13、iPhone13miniはカラーバリエーションが一部変更となりました。

変更点は以下の通り。

  • グリーンとパープルがバリエーションから外れた
  • ピンクがバリエーションに追加
  • ブルーの色味が若干変更
新型iPhone13のカラーバリエーション
iPhone12カラーバリエーション

※写真には映っていないが、iPhone12にはブラックもバリエーションに含まれています。

iPhone13pro、pro Maxはカラーバリエーションは同じになります。

画像比較してみると、ほんの少しだけブルーの色味が変更になっているようです。

iPhone13 pro、pro Max のカラーバリエーション

iPhone12 pro、pro Maxのカラーバリエーション

iPhone13 pro、pro Maxはブルーの色味が少し変わっているがほぼほぼ同じカラーバリエーションだ。

iPhone12と比較② カメラ性能のアップ

iPhone13シリーズは全モデルカメラ性能がアップしました。

主な変更点は以下の通り

  • センサーシフト光学式手ぶれ補正機能搭載
  • 最新機能シネマティックモード、フォトグラフモード搭載
  • 広角カメラの光量取込みが47%以上アップ

さらにiPhone13 proシリーズはマクロ撮影が可能となりました!

iPhone13pro、iPhone13 pro Maxならマクロ写真も撮れちゃいます!

いよいよスマホひとつで本格的な写真撮影が可能になってきましたね。

iPhone12と比較③ バッテリーの持ちがアップ

iPhone13シリーズはバッテリーの持ちもアップしております。

公式発表では

  • iPhone13、iPhone13 pro Maxは最大2.5時間
  • iPhone13mini、iPhone13 proは最大1.5時間 

    バッテリーが長持ちになりました。 

となっております。

iPhone12と比較④ ディスプレイ性能のアップ

iPhone13、iPhone13miniのディスプレイはiPhone12シリーズと同様のSuper Retina XDRディスプレイを採用しております。ただ以下の点について改良が施されております。

iPhone13、iPhone13miniのディスプレイの改良点

  • 明るさが28%向上
  • 最大輝度が800ニトに向上(HDRコンテンツは1200ニト)

これにより日差しが強い場所でも画面が見やすくなりました。

iPhone13pro、iPhone13 pro Maxについては大きく変更となっていて

ProMotion Super Retina XDRディスプレイを採用しております。

どういったディスプレイか公式ページで確認してみました。

ProMotionを採用した新しいSuper Retina XDRディスプレイは、1秒間に10回から120回の頻度で画面を更新。もちろん、その間のすべてのフレームレートにも対応します。圧倒的なグラフィックス性能が必要な時は賢くリフレッシュレートを上げ、必要ない時はリフレッシュレートを下げてバッテリーを節約。あなたがスクロールする時でさえ、指の速度に合わせて自然にスピードを上げたり下げることで調整します。こんな使い心地、初めてかもしれません。

出典:Apple 公式ページ https://www.apple.com/jp/iphone-13-pro/

つまり画像処理速度が向上して、より滑らかな表現が可能になったという事のようです。

iPhone12と比較⑤ ストレージ容量がアップ

iPhone13シリーズは全てのモデルでストレージ容量がリニューアルされました。

リニューアル内容は以下の通りです。

  • iPhone13、miniはiPhone12、miniと比較してストレージ容量が2倍に
    (128GB、256GB、512GB 計3種類のラインナップ)
  • iPhone13 pro、pro Maxは従来のラインナップに加え、1TBの容量を追加
    (128GB、256GB、512GB、1TB 計4種類のラインナップ)

カメラ性能に合わせてストレージ容量もどんどんアップしていっております。

ついにスマホのストレージが1TBに到達する時代になったのですね!

まとめ iPhone13シリーズは大幅な仕様変更はなかったが着実に進化している!

今回発表されたiPhone13は見た目などの大幅な変更はありませんでした。
ただ、細かな部分を見直し、進化させているので着実にスペックは向上していることが分かりました。

それに合わせて、価格もアップしていますが…。

新型iPhoneは高価な買い物になります。
今回紹介した価格表やプログラムをしっかり理解して、少しでもお得にスマホを利用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました